プロフィール
リト
リト
物作りが大好きな家族 三姉妹の長女です。両親の介護が必要になりました。家も老築化して居ますが 出来るだけ楽しく前を向いて仕事をして行きたいと思っています。 街の木工房 リトルクラフト池田祐子です 子供の頃から森の中を歩いたり 絵を描いたりするのが大好きです。 次女は 小さなイラスト屋さんを目指しています。 末妹は子育て真っ盛りで 服を縫ったり バルタン星人を描いたり・・・・
・サイトマップ
・マイアルバム
リトルクラフト・ホームページ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
リトルクラフトH・P リトルクラフトH・P

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  
Posted by みやchan運営事務局 at

2009年08月11日

甦る建物9




09・7.24 応接間の修復工事終了から リトのアトリエを移そうとまずは この椅子から 引越しです。
(二輪舎製作)タモの木で作られた椅子でもう10年ほど経っています。 まずはこの椅子が一番似合う空間か。



09・7.24 糸鋸も持ってきました 綺麗に掃除して 新しいアトリエを汚さないように考えます。



09・7.24 曾おじいちゃん達から使っていた机を 持ってきました 妹KO-KOさんの机です。
机の上には子供の頃に父が私たちに読んでくれた ドイツの絵本を置きました。私たち姉妹の共通のおとぎ話です。  

Posted by リト at 22:36Comments(0)洋館の修復工事

2009年08月02日

甦る建物8


09・7.24 応接間の修復工事最終日です
補修した窓枠や 新しく創った網戸に塗装します




古いペンキを落として サンドペーパーをかけます
いくらでも古いペンキは落ちます
10年以上前に父が塗った水性ペンキ 「お父さん 私が重ねて綺麗にするね」
今度は油性を塗ります

窓のペンキ塗りは面倒です ガラスに付かないようにテープを張ります
それでも あちこちつきます 腕まで付いてました

外ですので 小さな木の花がパラパラ落ちてきてくっつきます
しかたないので 立てかけて塗りました 途中で雨がパラパラ落ちてきて焦りましたが
 夕方には建物に取り付けました あー良かった 完了です




09・7.24
西洋館の再生工事 とにかく一部屋だけ応接間は綺麗に成りました

とても嬉しいです 未だ未だ後修復しなければ成らない所は沢山ですが・・・

みなさんのおかげです 有難うございます。


  

Posted by リト at 21:33Comments(2)洋館の修復工事

2009年07月24日

甦る建物6






西洋館の内装工事中~~ ワクワクするような 楽しい物をたまに見つけます 

1968年 5,24 pm3,00 愛知県 森春雄さんが自転車日本一周中に我が家の絵を描いて居ます

森春雄さんは幾つだったんだろう  絵を描きながら 旅の糧を作っていたのかな

今から41年前だから 父は43歳です 森さん30歳だったとしても足すと71歳・・~~

きっとまだまだ スケッチを楽しんでいらっしゃると思います 。

森春雄さんお元気ですか~~~~ 貴方の絵を見つけました 見つけた部屋が雨漏りが酷くて可なりシミが出来ています

ごめんなさいね 素敵な絵を見つけて良かった ありがとうございます。

(その頃かな 父の夢はと聞くと 笑って尺八持って世界一周~~~と・・・・・答えていた)

その答えに嬉しかった~~リトの夢は スケッチブックを持って世界一周~~~と。


  

Posted by リト at 21:35Comments(4)洋館の修復工事

2009年07月22日

甦る建物5


09 4月 西洋館の工事は壁塗りです
やっと漆喰が楽しく塗れると思うとうきうき・・・・~~~
壁の下地は簡単に漆喰が塗れる様に 石膏ボードを張りました。
まずは 石膏を塗る前の下地処理をしています

隙間に新聞紙をぎゅうぎゅう詰めています どんどん入りますキリが無いです~~
悩みます 詰め方が甘いと漆喰を塗った後にヒビが入るのだろうか?
ビスの後にはパテをすべきか?
プラスタボードの継ぎ目には網目のテープを張りました。




下地が終わるよりも早く 漆喰塗りは快適に進みます
家具雄さんが提案をしました 私たちは塗ることが下手やから 綺麗に塗ろう
そうするとグチャグチヤが適度に溶け合って自然な壁になるかな・

納得!! 意識して コテの方向を考えないで綺麗に薄く伸ばしました。








漆喰の混合は 心もこもります
古い壁の破片や畳の藁がこれから 塗るためのつなぎに成りますから。




09 4・24 漆喰壁の工事です

  

Posted by リト at 00:23Comments(0)洋館の修復工事

2009年07月15日

甦る建物4


甦る建物4 応接間は壁を壊しました(痛んでいた)ので次は天井板の腐っているものを剥がします




09 2・20 天井板を点検したところ 半分が痛んでいました

昔のつり天井なのだそうです リトは登れません きっと落ちます

作業台の下でお手伝いです 油断すると上からバンバン80年分のゴミと 天井板が落とされてきます
心配したほどのホコリはありませんでしたが まあ それなりにウフフ 誇りまみれ まっくろくろすけに・・
防塵マスク付けて作業中






下から見上げた 二階の壁の下地が感動でした!!。

・・・・ヤモリの孵化した卵の殻が沢山在るのも リトにとっては感激で ヤモリの成虫も寝ていたのに
起こされて ビックリしていました。沢山在るのです。

数年前 ヤモリを見つけて 「お父さん ガラス戸にヤモリがくっ付いているよ~~」

父の返事が「ああ~家族だよ・・・」

それから益々 ヤモリに愛らしさを感じます 。
また長くなるので 後日




試行錯誤 寸法間違い~~なんてミスしながら色合わせして半分の天井板を
創ってきました 雨で色落ちしたつり天井の枠組みを 綺麗にしながら補修していきます
まだ ホコリが凄いので防塵マスクが外せません。。。




09 3/8 甦る建物4 天井板の修復中

  

Posted by リト at 00:00Comments(0)洋館の修復工事

2009年07月13日

甦る建物3


おもしろそうな本 「雷のひるね」
曾おじいちゃんの頃の 世の中に対する皮肉たっぷりのエッセーかな
本は ボロボロだけどまだ読めます



09 2・07 西洋館の内装工事を始めていますが 雨に濡れた生活ゴミを捨てても
捨てられない本が沢山在りますね~~~ 一箇所にまとめたら 床が下がりました~~!
曾おじいちゃん達の物 両親の素敵な恋文まで在りました
リトの姉妹の教科書などなど 整理して軽くしないと置き場所が在りません。
何でも取って置くと大変です。





一番床が下がっている処を床下にもぐって ジャッキでじわじわ上げます
家がきしむ音がするのです 数センチ上げるだけで怖かった 物凄い音がするのですもの~!





基礎を補強しました どうも築80年前の工事で 手抜きされていた様な発見が??





作業台を組み立てて 雨漏りで朽ちている漆喰の壁や 天井板を取り除く作業を始めます。




09 2・20 リトです 応接間の朽ちたベニヤ板剥がして 下地に残っているベニヤの残材を
ノミでハツッテイマス。 はげないのです 苦闘中です
  

Posted by リト at 00:16Comments(2)洋館の修復工事

2009年07月08日

甦る建物 2


築80年の洋館は 雨がザンザン部屋の中に降っていました。
それに 亡くなった祖父母の持ち物が沢山居ります 濡れて居ました。
素敵な家具もだめに成っています どれを残せるか とにかく捨てるものと残すものを探しました。




オルガンは残そう 右端に移っている布張りの椅子は 母が手がけたものです
少しかびているけど残そう。
捨てる事を考えると悲しいけど ほんとのゴミが(ビニール や包装紙 )多すぎて驚きました
大正生まれの父と 昭和初期生まれの母は何でも大切にとって居たのです。




祖父母と 父母と 3姉妹の本だけでも移設が一苦労~
リトの本はほとんどない~~~・・アラ・
また 長くなりますので後日・・

  

Posted by リト at 00:42Comments(2)洋館の修復工事

2009年07月07日

甦る建物

一年前の 今頃は雨漏りが凄くて 建物の中で傘が必要でした。 各部屋の中に天井から逆さにシート張ってました
壁も 床も 畳もびしょ濡れでカビだらけ・・・~~~
自宅療養中の84歳の父と暮らし出した 築80年の西洋館が復元してきました。 



やばい!!築80年の建物を修復する決心をする 08 6月頃




屋根瓦修復工事中 どこに頼むかさんざん迷って 野村瓦屋さんに頼む。
リトが想像以上の仕事振りで見とれました野村さん達ネズミ小僧一家 カッコイイ~08 12月頃






リトが外壁の塗装をしようと試みたけれど 無理だと解り
足場が在るうちに 野村瓦屋さんの紹介の加行塗装さんに外壁の塗装を頼みました。
野村瓦屋さんの紹介どおり 丁寧な仕事で完了しました。
09 1月頃でした




 




外壁の塗装が終わりました いよいよ内装です。
外は綺麗に成りましたが中は 凄まじい!!




中は自分でも出来るだろうが凄すぎて独りでは 10年以上掛かりそう 途中でめげますキット・・・
今夜はここまでです。長くなるのでまた後日・・すみません・・

  

Posted by リト at 00:47Comments(0)洋館の修復工事

2009年06月28日

築80年の洋館が生まれ変わる


玄関の灯りが点く様に成りました
嬉しいです スズランの様な灯りは いらっしゃいませと言っているようです。




仮止めの電気板
なんと 憬れのレゾネイトクラブくじゅうに使われたものと同じです
大分の陶芸家が特注で レゾネイトクラブくじゅうの為に試行錯誤して創ったものです。
ここの建物の中はほとんどこの焼き物が使われていて 綺麗です。

それが唯一つ残っていた! デザイン工房二輪舎さんが大切に持っていた物を
付けてもらいました。壊れた壁に仮止めのですが表玄関の灯りが点く様に配線を直してもらいました。
毎日まちがいなく 外灯が灯る

素敵


  

Posted by リト at 00:01Comments(8)洋館の修復工事

2009年05月23日

ジグソーパズルのように

アトリエの修復改造工事です。製作の締め切りや クラフトパークの参加などで2ヶ月ぶりです。
壁の漆喰も随分良い感じに 乾いてきました 今回は床板を張って行きます。

二輪舎の家具雄さんが用意してくれた床材は 
こんな風に 10種類程の色々な木
名前の解らないのが いっぱい リトが覚えたのは

赤タブ 白タブ ヒノキ クス 杉 ケヤキ パイン ラワン カバサクラ ナラ タモ 
どれを順番に貼っていくか楽しいです
と・・・所が一番多い色が 白いヒノキです 半ば過ぎは 色が無くなって・・・・・・とホホ やはり




童夢さんが遊びに来てくれました ちょっと休憩です
皆腰が痛くなった リトは脚の内側の筋が痛い 

ダレがこんな贅沢な ウッドカーペットを考えたか! 家具雄さんでした(・^・)。。。
木の香りが漂っています ジグソーパズルのように沢山色が在ります
香りも混ぜこぜ~~~~ 最高の嬉しい香りが漂っています





  

Posted by リト at 22:08Comments(4)洋館の修復工事

2009年04月24日

堅木の杵

三週間ぶりのアトリエの改造工事を 二輪舎の家具雄さんとしました。
漆喰塗りを完了しました 何と言ってもこの木が 良い道具になったそうです。


この樹は西洋館の脇に大きく育っていたカイズカイブキです。
倒れてきて 10年程度前に切られた物ですが 道具として復活です。
家具雄さんが 漆喰の原材料を砕く杵にしまして
どっすん どっすんと役立ってくれてます。





漆喰に 元の壁に塗って在った土壁 古い畳の我が家の藁屑 
砕いてふるいにかけて 捏ねます~~!フウ・・・・・・フウ ・・






この欠片は 二階の天井の模様でした 美しいアーチで中央に埋め込みの照明が在りました。





この写真は余りにも悲惨で何の事か解らないですが






この写真だと 少しはアーチの姿が想像していただけますか

それでも悲惨な姿ですから無理ですか。
物凄く悲惨だった屋敷が 少しずつ暖かな姿に成って生きます。





  

Posted by リト at 23:56Comments(0)洋館の修復工事

2009年03月28日

漆喰塗りをしていました



昨日までのアトリエの修復工事は ここまで進みました
この写真は 一日経った後の漆喰の乾き具合です 今日は雨です それでも少しだけ乾いた漆喰は白くなっています





この写真は「走れ二輪舎の家具雄さん」 塗る前の漆喰の材料の準備です
元の壁の土などを砕いて自然の素材と色を創り出しています
これと古い畳の藁を刻み混みました 混ぜ合わせます可成大変です。










夜8時頃やっと切が良く作業が終わりました また来週かな作業をするのは






一日経った壁の漆喰はまばらに白くなっています
部屋の中は 太古を感じさせるような不思議な香りと色が漂っています。

  

Posted by リト at 22:22Comments(4)洋館の修復工事

2009年02月27日

築79年の洋館が生れ変るよ



今週は リトが役所廻りで忙しいので 二輪舎さんへ工事はお休みにして貰いました。
これは 先週の写真です スコップの側に在るのは ぼろぼろに成った畳の藁屑ですが 漆喰塗装に使えないかと
二輪舎さんが捨てないで 残しています
 リトも家具雄さんも写真の窓から先週から出入りしているのです ホコリが凄くて普段の扉を養生シートで
覆ってしまったからです 作業をすると何十年というホコリが舞いますから
でも 思ったよりも 自然素材の建物は 土ぼこりと ガレキト ヤモリの卵の殻くらいでした。

 

  

Posted by リト at 22:05Comments(4)洋館の修復工事

2009年02月14日

西洋館の再生





築79年の我が家の修復工事中です 今まで灯らなかった玄関灯がいつの間にか・・・・・・光るように成りました

瓦の修理が終わって 一部の外壁の塗装が終わって さあ!これから私の出番だ!!

しかし独りでは進まない・・・10年かかっても出来ないだろうと決心しました。

療養中の高齢の父に喜んで貰いたいし この素敵な建物を活用したい思いで作業を 二輪舎に応援を託しました。




天井も壁もとても高~いので 移動足場を二輪舎さんが現場製作です

とても便利で 軽くて良いですよ 流石ですね。





今週の最大の発見と緊張した事は 床下にもぐって 土台に束と言うのでしょうか 入ってない所が在りました。

雨漏りがザンザンしていたから 腐っていたのかなあ シロアリにやられたかなあ~と思っていました

でも 大丈夫でした ただツッカエが入ってない所が落ち込んで居たのかな?

どうぞ 経験豊富な方のアドバイス 陣中見舞いしてくださると とても嬉しいです



  

Posted by リト at 23:36Comments(6)洋館の修復工事