プロフィール
リト
リト
物作りが大好きな家族 三姉妹の長女です。両親の介護が必要になりました。家も老築化して居ますが 出来るだけ楽しく前を向いて仕事をして行きたいと思っています。 街の木工房 リトルクラフト池田祐子です 子供の頃から森の中を歩いたり 絵を描いたりするのが大好きです。 次女は 小さなイラスト屋さんを目指しています。 末妹は子育て真っ盛りで 服を縫ったり バルタン星人を描いたり・・・・
・サイトマップ
・マイアルバム
リトルクラフト・ホームページ
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
リトルクラフトH・P リトルクラフトH・P

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  
Posted by みやchan運営事務局 at

2009年07月28日

甦る建物7


リトのアトリエは 可なり高齢です 昭和3年に建ちました。この屋敷を建てた人は森由己雄弁護士 小林の山から木を切り出して建てられました 戦争中は焼い弾を受けて被害にあったけど 無事。昭和21年森さんが手放し 父は3にんめ?の当主??
当時の女学生達が憬れの建物として 見学に来たそうです。その頃から植えられていた庭木は 大きくなり過ぎて家を包み隠す勢いです。

面白いエピソード 由己雄弁護士が日州新聞社長を務めていた昭和初期・大女優・水谷八重子を呼んで社の宣伝用に16ミリ映画を撮り県公会堂で公開したという。その映画の舞台になったのが この洋館。今度ここを通りかかったら.彼女主演のイプセン劇にちなんで

人形の家とささやいてみようか。ここに来た当時の宮崎高女の乙女たちもノラのように・新時代の息吹に感化されたはずだから。

1995年12月18日宮崎日日新聞より。<懐古のよすが>宮崎の建造物    和風住宅と洋館接合 旧森由己雄邸






09・05・20 応接間の床板補修工事です 
雨漏りで痛んだところだけ補修する予定でしたが 変更しました~~!
掃除して上からしっかり貼っていきました

材は 杉 檜 クス アサダ ユス ケヤキ ナラ  カヤ 楓 ~~~ん・・と色々です



童夢工房さんが遊びに来てます 張っていく係りは二輪舎の家具雄さんです
リトは木を選んで のり付け役です
色んな木の 色合わせにワクワクしてます・・が・・最後の頃には 同じ木ばっかり~~~なんて事に成りました。







 



09・7・3 床板ワックス塗り終了地点!



09・7・3 応接間窓も補修終了 網戸新作です
快適です 網戸が無いと 蚊取り線香が何本も(一日4本かな)
最高の空間に成りました ほぼ完成しました~~! 

  

2009年07月26日

子供の頃に成りたかった夢は


みやざきクラフトパーク会場に行きました
只今張子工房の個展が開催されたばかり 雨ばかりで・・・会場はにぎわっています??
こどもの国の野外で遊べない・・・では 快適で面白いクラフトパークのお部屋にとなるのです




25日から8月1日まで 張子工房個展が開催
木彫りのお面や 張子の虎 達磨さん達が居ます
作家の末吉さんと話をすると (実は高校時代の担任ですが・)

末吉さんは 子供時代に人形劇に感動して こんな仕事がしたい!!と思ったそうです
この人形を持って介護施設に慰問に行くと 皆が見ただけで笑ってくれる
腹話術の人形だから 動かして喋らせると まじで見つめてくれる

そんな楽しくて優しい張子工房の個展が開催されたばかりのクラフトパーク会場です。








これを見ると小さな子供たちは 怖くなって近寄りません・・・まずかったなと末吉さん




そりゃあ 怖がるでしょう 怒った顔は子供も大人も
遠ざかりたいです





こんな顔には 子供も大人もニコ~~


  

2009年07月24日

甦る建物6






西洋館の内装工事中~~ ワクワクするような 楽しい物をたまに見つけます 

1968年 5,24 pm3,00 愛知県 森春雄さんが自転車日本一周中に我が家の絵を描いて居ます

森春雄さんは幾つだったんだろう  絵を描きながら 旅の糧を作っていたのかな

今から41年前だから 父は43歳です 森さん30歳だったとしても足すと71歳・・~~

きっとまだまだ スケッチを楽しんでいらっしゃると思います 。

森春雄さんお元気ですか~~~~ 貴方の絵を見つけました 見つけた部屋が雨漏りが酷くて可なりシミが出来ています

ごめんなさいね 素敵な絵を見つけて良かった ありがとうございます。

(その頃かな 父の夢はと聞くと 笑って尺八持って世界一周~~~と・・・・・答えていた)

その答えに嬉しかった~~リトの夢は スケッチブックを持って世界一周~~~と。


  

Posted by リト at 21:35Comments(4)洋館の修復工事

2009年07月22日

甦る建物5


09 4月 西洋館の工事は壁塗りです
やっと漆喰が楽しく塗れると思うとうきうき・・・・~~~
壁の下地は簡単に漆喰が塗れる様に 石膏ボードを張りました。
まずは 石膏を塗る前の下地処理をしています

隙間に新聞紙をぎゅうぎゅう詰めています どんどん入りますキリが無いです~~
悩みます 詰め方が甘いと漆喰を塗った後にヒビが入るのだろうか?
ビスの後にはパテをすべきか?
プラスタボードの継ぎ目には網目のテープを張りました。




下地が終わるよりも早く 漆喰塗りは快適に進みます
家具雄さんが提案をしました 私たちは塗ることが下手やから 綺麗に塗ろう
そうするとグチャグチヤが適度に溶け合って自然な壁になるかな・

納得!! 意識して コテの方向を考えないで綺麗に薄く伸ばしました。








漆喰の混合は 心もこもります
古い壁の破片や畳の藁がこれから 塗るためのつなぎに成りますから。




09 4・24 漆喰壁の工事です

  

Posted by リト at 00:23Comments(0)洋館の修復工事

2009年07月15日

甦る建物4


甦る建物4 応接間は壁を壊しました(痛んでいた)ので次は天井板の腐っているものを剥がします




09 2・20 天井板を点検したところ 半分が痛んでいました

昔のつり天井なのだそうです リトは登れません きっと落ちます

作業台の下でお手伝いです 油断すると上からバンバン80年分のゴミと 天井板が落とされてきます
心配したほどのホコリはありませんでしたが まあ それなりにウフフ 誇りまみれ まっくろくろすけに・・
防塵マスク付けて作業中






下から見上げた 二階の壁の下地が感動でした!!。

・・・・ヤモリの孵化した卵の殻が沢山在るのも リトにとっては感激で ヤモリの成虫も寝ていたのに
起こされて ビックリしていました。沢山在るのです。

数年前 ヤモリを見つけて 「お父さん ガラス戸にヤモリがくっ付いているよ~~」

父の返事が「ああ~家族だよ・・・」

それから益々 ヤモリに愛らしさを感じます 。
また長くなるので 後日




試行錯誤 寸法間違い~~なんてミスしながら色合わせして半分の天井板を
創ってきました 雨で色落ちしたつり天井の枠組みを 綺麗にしながら補修していきます
まだ ホコリが凄いので防塵マスクが外せません。。。




09 3/8 甦る建物4 天井板の修復中

  

Posted by リト at 00:00Comments(0)洋館の修復工事

2009年07月13日

甦る建物3


おもしろそうな本 「雷のひるね」
曾おじいちゃんの頃の 世の中に対する皮肉たっぷりのエッセーかな
本は ボロボロだけどまだ読めます



09 2・07 西洋館の内装工事を始めていますが 雨に濡れた生活ゴミを捨てても
捨てられない本が沢山在りますね~~~ 一箇所にまとめたら 床が下がりました~~!
曾おじいちゃん達の物 両親の素敵な恋文まで在りました
リトの姉妹の教科書などなど 整理して軽くしないと置き場所が在りません。
何でも取って置くと大変です。





一番床が下がっている処を床下にもぐって ジャッキでじわじわ上げます
家がきしむ音がするのです 数センチ上げるだけで怖かった 物凄い音がするのですもの~!





基礎を補強しました どうも築80年前の工事で 手抜きされていた様な発見が??





作業台を組み立てて 雨漏りで朽ちている漆喰の壁や 天井板を取り除く作業を始めます。




09 2・20 リトです 応接間の朽ちたベニヤ板剥がして 下地に残っているベニヤの残材を
ノミでハツッテイマス。 はげないのです 苦闘中です
  

Posted by リト at 00:16Comments(2)洋館の修復工事

2009年07月12日

アートの輪 笑が広がる

此処のところ 不快指数最大限の宮崎です でも本日は充実した楽しい日でした。
春からから始っている みやざきクラフトパーク会場では夏に向かって会場の模様替えです。
皆で知恵と力を注ぎました。 

広がり始めた みやざきクラフトパーク  参加作家たちが夏に向かって頑張ってます。

寄り添って看板を創りました。 数時間でしたが。
途中までしか参加できない人や その後からしかできなかった人
後宜しくお願いします~と
そんなやり取りで 完成した 楽に~ 一瞬を考えた合作です







集まった作家たちは本当は時間が無い! どうしよう? でも何とか形にしたい!と考えて何とか設置出来た喜び。


これから夏に向かって みやざきクラフトパークはそれぞれの作家の個展や 絵本の郷の販売 読み聞かせ
フリーマーケットが始ります リトは8月に小学校で教室をします・・・その後クラフトパーク会場で教室と計画しています

  

2009年07月08日

甦る建物 2


築80年の洋館は 雨がザンザン部屋の中に降っていました。
それに 亡くなった祖父母の持ち物が沢山居ります 濡れて居ました。
素敵な家具もだめに成っています どれを残せるか とにかく捨てるものと残すものを探しました。




オルガンは残そう 右端に移っている布張りの椅子は 母が手がけたものです
少しかびているけど残そう。
捨てる事を考えると悲しいけど ほんとのゴミが(ビニール や包装紙 )多すぎて驚きました
大正生まれの父と 昭和初期生まれの母は何でも大切にとって居たのです。




祖父母と 父母と 3姉妹の本だけでも移設が一苦労~
リトの本はほとんどない~~~・・アラ・
また 長くなりますので後日・・

  

Posted by リト at 00:42Comments(2)洋館の修復工事

2009年07月07日

甦る建物

一年前の 今頃は雨漏りが凄くて 建物の中で傘が必要でした。 各部屋の中に天井から逆さにシート張ってました
壁も 床も 畳もびしょ濡れでカビだらけ・・・~~~
自宅療養中の84歳の父と暮らし出した 築80年の西洋館が復元してきました。 



やばい!!築80年の建物を修復する決心をする 08 6月頃




屋根瓦修復工事中 どこに頼むかさんざん迷って 野村瓦屋さんに頼む。
リトが想像以上の仕事振りで見とれました野村さん達ネズミ小僧一家 カッコイイ~08 12月頃






リトが外壁の塗装をしようと試みたけれど 無理だと解り
足場が在るうちに 野村瓦屋さんの紹介の加行塗装さんに外壁の塗装を頼みました。
野村瓦屋さんの紹介どおり 丁寧な仕事で完了しました。
09 1月頃でした




 




外壁の塗装が終わりました いよいよ内装です。
外は綺麗に成りましたが中は 凄まじい!!




中は自分でも出来るだろうが凄すぎて独りでは 10年以上掛かりそう 途中でめげますキット・・・
今夜はここまでです。長くなるのでまた後日・・すみません・・

  

Posted by リト at 00:47Comments(0)洋館の修復工事

2009年07月01日

瞬間(とき)の展示会


まなびのにある 「まなべる薬局」で7月11日まで展示会です

瞬間(とき)の展示会 心の遊びは人にとても大切です

楽しいな 薬局と 作家達の展示会です



リトのモビールです ぴんぼけですが この空間にデザインしました




井上龍一さんの時計と リトの写木です



デザイン工房二輪舎さんの灯りや 写真立て 月の本立て




リトルクラフト 妹のko-koのアンモナイト 絵やキーホルダー



銀の波 陶芸家 坂本さんの作品




 



 

  

Posted by リト at 00:20Comments(6)風にゆれるモビール